整形でシミ取りをしよう〜悩み肌に革命を〜

横顔の女性

シミを取って若返る方法

笑っている女性

日常生活でシミを予防する

顔にシミができると年齢よりも老けたイメージになります。効果的にシミ取りをするためには美容整形にかかるのが一番です。できればシミができないように予防しておくと、整形にかかる時も効果がでやすくなります。誰でも年を重ねればシミができますが、大事なのは悪化させないことです。悪化させる原因としては紫外線があります。紫外線は夏だけでなく一年中降り注いでいるので、外出する時には必ず日焼け止め対策をする必要があります。ただし日焼け止めクリームは時間が経つと効き目がなくなるので、こまめに塗り直すことです。また肌を強くこすったり摩擦したりするとシミを悪化させる原因になります。肌をこするとそれが刺激になって、色素沈着を起こしたりシミが濃くなってしまいます。例えば洗顔用の泡を用いないで顔をゴシゴシ洗ったり、洗顔後にタオルでゴシゴシこすったりして拭くのは要注意です。食事でもシミ取り効果のある栄養素をとるように工夫することができます。ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEなどはシミを防ぐ効果があります。レバー、魚などの魚介類、乳製品などはビタミンBが多く含まれています。またビタミンCは果物類や野菜類を食べることで摂取できます。このように普段からシミ取り効果のある生活をしていれば、予防できるのです。整形治療を受ける場合も予防がしっかりできていれば簡単にシミ取りできます。

痛みのないレーザー治療

顔にできてしまったシミを綺麗に消し去るには、美容整形で施術してもらうのが最も確実で安全です。肌にはターンオーバーといって肌に受けたダメージを回復する力があるのですが、その回復期間が長くなったりするとシミとして残ってしまうのです。永年にわたり肌にダメージを与えた結果できてしまうシミがあります。これは代謝が衰えてしまうためにメラニン色素が体外に排出できず、皮膚に残ってシミになるのです。またメラニン色素には紫外線から守るという働きがありますが、あまり長く紫外線を浴びているとメラニン色素が増え、それが皮膚に溜まってシミになります。このようなシミはレーザー治療によって治すことができます。レーザーをシミの部分に当てるとシミの原因となっているメラニン色素だけを焼き切ることができるわけです。治療の痛みはほとんどなく、輪ゴムで弾いた程度なので安全です。加齢によるシミはホルモンバランスが崩れてできるので、レーザー治療をはじめとしてトラネキサム酸内服両方などが行われます。ホルモンバランスが原因でできるシミを肝斑というのですが、レーザー治療の場合も高出力のものは使わないで治療します。美容整形では必ずカウンセリングを行い、1人1人の症状に合った治療をするので安心できます。気候温暖化と共に紫外線を浴びる機会も増加するので、今後もシミ取りのできる美容整形の必要性は高まっていきます。